家のカタチを変えてみる|一戸建てを建てる法則|失敗しない家造りを提唱

一戸建てを建てる法則|失敗しない家造りを提唱

ウーマン

家のカタチを変えてみる

住宅

ニーズにあわせる

十人十色の家づくりが展開され、付加価値を生む賃貸併用住宅も注目され、最大限に活用できるリフォームが評判です。個人向けの不動産事情として、子供の独立に伴い、広過ぎる住宅の売却や住み替えるシニア世帯が増えています。ですが、賃貸併用住宅としてリフォームを行うことでワンフロアを住居スペースに利用し、住み替えに必要となるはずの毎月の家賃を不要にできます。入居者から家賃として収入を得ることで、リフォーム費の心配も解決でき、住み慣れた土地や戸建を離れたくないニーズに応えることが可能です。税法の問題や運営管理に関する知識が必要となりますが、実例として不動産会社に相談することで支援してくれます。また賃貸経営となるため、先を見据えたリフォームの工夫もポイントです。例えば、子育ての家であった間取りを大人のシングル向けへリフォームするなど、ニーズにあわせることで空室を避けることが可能です。

間取りより視線

一般的に、マイホーム計画や設計はライフステージで最大期にあわせて作られ、子育てを終えた家は住み心地の悪さがネックと言われています。空室のまま放置するケースは特に多く、有効活用として賃貸併用住宅にリフォームする住居者が増えています。ここでの注意点としては、住空間の見直し方が挙げられます。特に、二世帯などの同居スタイルと類似しているのも戸建て住宅ならではで、入居者にストレスとならない空間づくりが必要です。賃貸併用住宅へリフォームする際、貸す側に配慮することは収益を生むためには大切です。例えば、1階をファミリー向け・2階を新婚向け・最上階に自分の住戸を設ける空間などが展開できますが、重要なのは音・視線などプライバシー保護です。家の中での過ごし方は1人1人で異なり、間取りありきではない住まいづくりを意識することが、賃貸併用住宅では重要視したい点です。