発展が注目されている都市|一戸建てを建てる法則|失敗しない家造りを提唱

一戸建てを建てる法則|失敗しない家造りを提唱

ウーマン

発展が注目されている都市

レディ

注目度と需要の高まり

2010年に政令指定都市とされた相模原は、近年での繁栄がめざましいエリアとして注目されています。もともと相模原は、関東地方と中部地方とをつなぐ宿場町として栄えていました。それに加えて昨今では、商業施設や福祉施設などが増え、暮らしやすいエリアとしてどんどん発展してきているのです。また、リニアモーターカーの停車駅が作られるという計画もあり、その点でも注目されています。そのため、快適な暮らしを希望する多くの人が、相模原で注文住宅を建てています。発展の度合いに比例して、注文住宅の数が増えてきている状態なのです。しかし需要の高まりから、注文住宅に利用できる土地は減ってきていますし、地価は高騰してきています。そのため注文住宅を建てる場合には、早めに土地を探し、購入しておくことが肝心となります。

暮らしやすいと言える点

相模原は、宿場町としての歴史があることからも分かるように、古い建物や神社仏閣が多くあります。さらに海や山にもアクセスしやすいエリアですし、ゴルフ場なども多いので、相模原には観光やレジャーを好む人も多く集まります。そのため交通の便を良くするために、相模原では路線の整備がしっかりとおこなわれています。たとえば都内の中心部にも、40分程度で行くことができるので、通勤にも便利と言えます。こういった点からも、相模原は注文住宅を建てるエリアとして人気があります。通勤しやすいにもかかわらず、休日には趣味などを充実させやすいからです。学校や病院、さらには公園や図書館などの公共施設も多いため、子育て世帯からも注目を集めています。